バイクを乗ることと事故について

バイクがとてものりたくなった。若い時から乗りたい、乗りたいとは思っていたが事故が怖くて結局バイクを乗る勇気がなくて一度ものらずにきた。だけど、新しいバイクが発売されたり、街でかっこ良くカスタマイズされたバイクをみたりすると、とたんに自分もバイクをいじってみたい!という気持ちにとらわれてしまうのだ。

だけども、とそこではたと考えてしまうのだ。私は1型糖尿病患者なのである、と。バイクに乗るのはいいが、もし万が一事故でも起こそうものなら、かなりの危険がつきまとう。なんせ1型に限らず、糖尿病患者というものは、傷などは健常者に比べて随分治りが遅いという事実だ。ちょっとした切り傷、擦り傷であろうともなかなか治ってこない。少し深井傷を負ってしまったりするとかなり長期の間、治らず化膿したりしないようにかなりきをつけなければならない。特に足先などは聞いずつけたりすると壊疽の危険性が高まるので恐ろしいのだ。

ということで、バイクで事故ることはかなりの確率で考えられると思うので、事故のことを考えるとやはり、思いとどまって乗らないでおこう、ということになってしまうのだ。

仕方ないので、ネットのバイク通販最大大手サイトである、バイクブロスの通販サイトの写真を見ながらカスタマイズされたバイクを楽しむにとどまっている。

コメントを残す

Your email address will not be published. *
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>