糖尿病の最終段階?の合併症とは

糖尿病の合併症についていくつか自分に起こってきたことを書いてきたのだが、ここまででもそこそこきつかったと思っていたのだが実のところ、合併症の本当の恐ろしさはここからだった。もちろん、血糖値を安定させるということがすべての合併症を引き起こさない一番いい手段であることに間違いはないのだが、1型糖尿病患者にとって、人によっては、なかなか数値が安定しない人もいるものだ。

私の場合も入院して治療していても、血糖値は乱高下してなかなか安定しないのが当たり前だった。だから、できるだけ頑張って日々を過ごしてはいても、合併症の危険は知らず知らずのうちに体に忍び寄ってくる。目の治療が終わって数年は特に支障もなく過ごしていたのでとりあえず、ほっとしていたのだが、その状態も長くは続かなかった。定期健診にいっていたある日、腎臓の機能が低下していると告げられた。それもかなり進行しているという。ある程度まで悪くなるといっきに数値が悪くなるらしい。

クレアチニンの数値を告げられても、体の状態に変わりはなかったので全然ピンとこなかった。しかし、実際には、毎日自営業の傍ら早朝にやっていた肉体労働の疲れが蓄積していたそのせいだろう、位にしか思わなかったのだが、実は体の芯から体が重かったのは後から思えばどうやら腎臓の機能が低下していたせいだったようだ。その後、わずか1年足らずの間に透析の準備をしましょう、といわれ、とうとうシャント手術をあうることとなった。

最初はシャントって何?という気持ちだった。実は透析を行うためには、体の動脈と表面に見えている通常血液検査などでよく使われるあの静脈とをつなぐ手術をすることで、大量の血液を腎臓の代わりとなるろ過装置に送ることができるようになるのだ。その手術がシャントの手術と呼ばれているものだ。そのシャント手術をしろといわれたことはショックだった。

できるだけ透析治療は避けたいと思った。なんたって週のうち3回、4時間前後も時間を取られるなんて考えられない!そう思った。

貧血がひどくなり、鉄分不足に追い込まれ鉄分補充の注射を打った。カリウムやリンの数値も徐々に上がっていき、その副作用で便秘がひどくなった。当時便秘薬はほとんど飲まなかったが、快朝というサプリを飲んでいた。あまりのまなかったが、案外効いた気がした。最近思い出して探してみたら、最近では、快朝酵素という名前になって酵素成分がプラスされてグレードアップしたようである。あんまり便秘が続くようならまた飲んで見ようかと考えている。

透析直前まではこんな感じでぎりぎりで持ちこたえていたのだが、クレアチニンが7を超えた時点で諦めてしまった。

その話は次回。

コメントを残す

Your email address will not be published. *
You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>