糖尿病とインスリンその2

1型糖尿病は本当に厄介だ。インスリンが枯竭してからというもの、食べる量や運動量、季節の温度などもあらゆる面でインスリン量に影響してくる。枯竭してからという言い方には語弊があるが、まあ枯竭してからは特に酷いと感じる、というような意味だ。

風呂だって、熱いシャワーを気持ちいいからといって首にしばらく当て続けているとぐっと急激に低血糖になってしまったり、ほんとうにちょっとしたことで、血糖値が乱高下してしまうのでとても大変だ。

特に問題なのは、低血糖状態が頻繁に起こるようになると、血糖値が低い状態で体がだんだんと慣れてきてしまう。慣れてくると血糖値が40とか30台でも全然意識がしっかりしていたりする。しかしそれで安心していたりするととんでもないことに繋がったりする。低血糖状態に慣れきった状態が長く続いていたある日、仕事中に低血糖であろう感覚がしていたが、仕事途中でどうにも抜けられず、もう少しの辛抱と頑張っていた。意識がしっかりもっていれさえすればなんとか持ちこたえられるだろうと思っていたら、急に真っ直ぐに立てなくなった。たとうとして踏ん張ってみても体が伸びずに転んでしまうのだ。何度もそんなことを繰り返していたので、職場の人は何事かと目を丸くしていた。当時は糖尿病のことを会社には黙っていたので話すこともできず、なんとか隙を見てジュースを飲んでなんとか血糖値を上げることができたが、あれにはまいった。後でどこか悪いんじゃないかと、親しい同僚にずいぶん声をかけられることになったが、なんとかうまくごまかす他なかった。

その後、早朝に少しやっていたバレンタインアルバイトのときにとうとう、上司の前で低血糖でまっすぐにたてなくてふらふらなのを見つかり、無理やりタクシーで家に返されてしまった。それが元でバイトは首になってしまった。

そのまま、それを機会にとうとう入院して治療することになってしまった。

 

糖尿病とインスリンについて

糖尿病になって10年もすれば薬の種類だけでもかなりの数を使ってきたような気がする。

まあ飲み薬に頼ったのは最初のうちだけだったけど。その後はインスリン注射による治療と食事療法と運動療法。

インスリンの種類も中間型やら、速効型やら、超速効型やら、まあ色々あるのだけれど、同じ体ではあっても体調や時期によってはずいぶんと

状態が変わってくるために、インスリン自体も何度も種類を変えてきた。まあ主治医によっても変わるのだけれど、医者も自分で合わないと感じたら、変える勇気も必要だと今では感じている。

私の場合も先生が3度かわり、病院もかわりと、めまぐるしく変わった中で今やっと自分に合うと思われる先生に出会うことができた。

飲み薬もそうであるがインスリン注射で一番怖いのは、やはり低血糖症状だろう。

低血糖症状も最初の頃は比較的高い数字(60前後の血糖値)で低血糖症状である、ふるえ、冷や汗がきていたのであるが、慣れとは恐ろしい物で、そんな低血糖症状が頻繁に怒るようになるとどんどん低い数値であっても全然へいきになってくるのである。

酷い時には、30台の血糖値でも全然平気な状態の時がずいぶん長くあった。

問題は、低い数値であるにもかかわらず、全然平気であるとそれ以下に数値がさがっったときに、冷や汗や動悸、などの症状が現れるまもなく、意識がストンと落ちてしまい、そのまま倒れてしまうことである。

私の場合、そういった酷い低血糖症状の時代が長くあって、1年にかなり多くの回数を救急車で運ばれてしまうことになった。

ロト6 当選確率を上げる方法