水を変えると糖尿病は治る?

糖尿病も長くやっているといろんな治療法を探す過程においてさまざまな治療法に出くわす場合がある。そのうちのひとつに大量の水を飲んでガンや糖尿病を治すという方法。以前にも知り合いの人でまだ当時20代の女性だったその人が肺がんを患っていて水を大量に飲んで治す治療オンリーの化科学的治療は一切やらないので有名な病院に入院していた。とにかく1日に2リットル入のペットボトルを何本も飲むというやり方だったと記憶しているのだが、当時水両方の他にガンに効くと当時もいわれていたグロスミンの原液も合わせてその女性は飲んでいたが、結局のところ30になるかならないかで亡くなってしまった。

水だけで治すなんてなぁ、、と思っていたのだがわずかにもしかしたら効果があるのか?と期待も少しはあったのだけどガンの人が助からなかったのを見てやはり無理なのかとがっかりしたのを覚えている。しかし、最近になってまた水の力について世間で話題になっている。

水素水というものが体に良いとかなり評判なのだ。なんでも水素分子は世の中で最も小さな分子なのだがその水素分子を体に取り込むと体の悪くなっている箇所にまず直行して悪い部分を直してくれる働きをするというものなのだ。細かく言うと体のエレルギーを作り出しているミトコンドリアという器官がエネルギーを作り出す際に発生する体に悪いとされる悪玉の活性酸素をこの水素分子を取り込むことで減らす作用がある、とういうことなのである。話をちゃんと聞いてみるとこの話は理にかなっていると思ったのでこういう理由でなら水が体に効くというのも納得できるので水素水というのを一度試してみようと思ったのだ。水素水はただちゃんと目の細かい容器にいれておかないとすぐに外へ融けだしてなくなってしまうそうなのでしっかりと目の細かなできるだけ抜け出しにくいアルミパウチのような容器にはいっている商品を購入しなければならない。ペットボトルなどにはいっているような商品は購入しても水素なんて空っぽのすかすかのただの水をのんでいるようなことになりかねないので注意が必要なのだ。そんなわけで私はアルミパウチが 4重構造になっている仙寿の水という商品を購入することにした。これなら水素が漏れ出ることも比較的少なそうなので封を切ったらすぐに飲みきれば問題なさそうなのだ。しばらく飲んでみてどう変化があるかまた報告してみたい。